Contents

贅沢で愛おしいひととき 銀座アスターのジジ会

20180606 大学ランチ 21cm DSC09928

きのうは、京都からT教授がやってきて、大学同期の仲間とランチ。

大手某出版社と新著の打ち合わせで上京した教授はまだ現役臭を残しているものの、
じきに後期高齢者となる6人、現役時代それぞれ経営幹部として大活躍していた面影もほぼ消えて…
みなさん、深みも人間味もある好々爺。

例によって料理そっちのけで、とりとめもない話に終始していたのですが、
ふと気づきました。
「この何とも言えない穏やかで和やかな雰囲気」は、他ではあまり味わえないなあ。

付き合いはじめて半世紀。 
ただでさえ気の合うお仲間同士、何のわだかまりもなく、元気な再会を楽しむ時間。
それが、
とんでもなく贅沢な、滋味あふれる、
愛おしさまで感じられるひとときだと


気づくの遅すぎる!とお仲間から叱られそうですが。
ちょっと感動しました。

というわけで、食べた料理などどうでもよかったのですが、
元出版人の悲しいサガ。 料理が出る度に、つい写真をパチリ。
いつもよりきれいに撮れているので、以下に。

20180606 アスター 1 前菜 18㎝ DSC09902

20180606 アスター 2 冬瓜スープ 16㎝ DSC09905

20180606 アスター 3 甘酢あんかけ 18cm DSC09915

20180606 アスター 4 海老と豆腐あんかけ 18㎝ DSC09910

20180606 アスター 5 豚味噌炒め 18㎝ DSC09931

20180606 アスター 6 おしんこ 15㎝ DSC09907

銀座アスター御茶ノ水店にて。
「また近々逢おうな」と解散しましたが、全員同じ思いだったのかもしれません。


スポンサーサイト

ドラムスコの大腸はポリープ製造工場

年一度の一泊二日人間ドック。

検査結果は、大腸ポリープ5つ発見
昨年はゼロだったから、この1年間でできたもの。
1年以内に再入院して除去手術することに。

親爺が大腸がんで亡くなって以来、27年間、毎年検査をやっているが、
これまでに12~3個くらいはできていて、そのたびに除去手術。

内視鏡でやるのでたいしたことはないのだけれど、
仲良しの主治医いわく、「ポリープ製造工場だね」。
体質だからしょうがないと思うしかない。痛くもかゆくもないし。

ただ、検査当日大量の下剤を飲むのと
当日夜まで何も食えないのが、ちょっとねえ。

20180515 川越 昼食 20㎝DSC_0082

検査が終わった初日の夕食は、毎年おなじみのチリ産のサケ定食。
これが、美味いんだなあ!毎回ペロッと全部平らげます。

20180515 川越 昼食1 20㎝DSC_0086

20180515 川越 昼食2 DSC_0085

翌日、朝ごはん抜きで胃カメラが終わると、おかずタップリのうどん昼食。
ところが、麻酔がまだ利いているので、全部は食えない。
ここ十数年、同じメニューだしね。

実は、帰宅途中の駅で小諸そば食いたくて、意識的にうどんを殆ど残しちゃう。
調理の方、ホントすいません。

さて、除去手術、いつやろうかなあ。

一方的な勝ち試合にああ、大満足! 東京ドーム巨人戦

20180508 巨人戦 21㎝  DSC07631

きのうは何年ぶりかで東京ドームの阪神・巨人戦へ。
たまたまご近所の巨人フアンYさんから誘われて、
内野席を4席とってくれ、Yさんは近所の巨人フアンと、
私は同じ阪神フアンの大学同期生S君と応援に出かけた次第。

そして、ご機嫌な一方的勝ち試合!

わたくし実は50年来の阪神タイガースフアン。
といっても、外野席でガンガン応援するほどではなく、内野席派。
歳とってからは、球場に行くのは年に1~2回程度。

20180508巨人戦 ベンチ前 21㎝DSC07616

かつて優勝した年には、甲子園や名古屋球場にまで出かけていたものの、
ここ10年は、誰かに誘われれば球場に行く程度でしたが、
せっかく応援に行っても負け試合が多く…次第に球場から遠のいて…
去年はついに一度も球場にいきませんでした。

試合開始前の選手たちをみても、名前と顔が一致しない人が多くて…
また負け試合か?

ところがところが!


20180508 巨人戦スコア 21㎝ DSC07641

秋山が5安打完封、打っても適時打とホームラン。
3番糸井、4番ロサリオもホームラン。
ロサリオはレフトのJRの看板にぶつける特大。
7安打で9点、ああ、気分がいい。

チケットとってくれたYさん、7回でお友達と「おれら先に帰るわ」。ドーモスンマセン。
帰宅後、ビデオに録っていた試合を、もう一度観戦。

ご機嫌なひとときでした。




あなたならどう? 

20180313 Espresso 蓋つき 18㎝ DSC04772

先日のスペイン旅行で、
ランチに、エスプレッソを注文。

テーブルにのように出てきました。


「ずいぶんクリーミーな泡だなあ」

間違ってカプチーノがきちゃった。
まあいいか、と飲もうとすると、



あれっ!


唇に冷たい感触


そう、

少しでも冷めないように、蓋がしてあったんです。


正しくは、蓋をとって、飲む。

        

20180313 Espresso  18㎝ DSC04773


大笑いしました。

えっ、あなたならこんな粗相はしない? 
そだねえ。



思わず目をパチクリ!毎日新聞のブラックユーモア

地下鉄赤坂駅のプラットホームで電車を待っていたら、
目の前の壁にかけられた広告が目に入って…

キャッチコピーを見てビックリ、唖然!


20180120 毎日新聞 地下鉄広告 21㎝ DSC02333

このところトランプ大統領が「フェイクニュース」を言いだしてからというもの、
ファクトとフェイクについて、いろいろカシマシクなっていますが、

もはや2大偏向新聞として開き直った感のある朝日と毎日

「偏向報道」へまっしぐらならわかりますが、

「事実へ、まっすぐ。」って…。

開いた口がふさがらない。

ねじ曲げた主張に都合の悪い事実は、記事にしない。
一部の事実を都合よく切り貼りして印象操作、ねつ造記事に仕立てる…

韓国や中国の主張を代弁して、日本を貶めることに執心して恥じることなし。
兄貴分の朝日新聞に追随して、事実を捻じ曲げている代表的な新聞がこのキャッチコピー。

恥ずかしくないのでしょうかねえ。
もはや笑えないブラックユーモア。

たまたま今朝の産経新聞「新聞に喝」欄で、元東大教授酒井信彦氏がこう指摘していた。

1/9に発表された警視庁調査「昨年の全国の110番通報の実態」について、
約820万件のうち2割は緊急性のない通報で、しかも
「妻が浮気をしているようだ」
「トイレが詰まっている」
「今日は何月何日ですか」
「携帯電話の調子が悪くて、試しに通報してみた」
というものまであったという。

その分、緊急の通報が阻害されるわけで、
国民のモラル意識の啓発報道も必要。

産経新聞は、オバカ通報を国民モラルの低下としてしっかり記事にしていたが、
毎日新聞は、調査報告そのものを完全に無視。一切報道していない。
朝日は人口知能などの総合面の隅っこだそう。

政治権力への偏向報道以外の事実が見えていないのだろうか?








春風駘蕩 笑福献上 2018

20171208 招きモモ 18cm  DSC01351

新年明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬ楽しいお付き合いのほど 
よろしくお願いいたします。


今年の粘土人形「干支シリーズ」は、招き猫ならぬ「招きモモ」。
愛犬モモが人を招いている様子を人形にしてみました。

ちなみに右手でいらっしゃいは、財運招き。
左手は人招きだそうです。
今年も多くの人たちと、楽しい時間を過せたらいいですねえ。





ドラムスコ2017年の5大ニュース

2017年もあっという間に過ぎて、いよいよ大晦日。
歳をとると、一年の速さを実感します。

それとともに、感受性の衰えでしょうか、
心に残ることが、年々少なくなってくるような気がします

今年一年間、何か特別なことがあったかなあ、
そういや、あんなこと、こんなこと…
無理やり思い返してみました。


【1】かわいい3人目の孫の誕生

20171130 aoi 18cm image5

11月、次男夫婦に待望の娘誕生。
これで孫3人、ようやく子供の数と並びました。
40過ぎの長男は独身、昨今の晩婚傾向、わが家も顕著です。


【2】インド大陸最南端に立つ

201706 コモリン岬 21㎝DSC09588

6月南インドに出かけ、インド大陸の最南端コモリン岬に。
インド亜大陸の突端、アラビア湾、インド洋、ベンガル湾がここで一つに。
何だかわからないけど、興奮しました。
まるで漫画のハタ坊のようですが、最南端の印の旗が帽子とかぶってます。念のため。


【3】3年ぶり、2つのライブでドラム叩き

20171119 Sala 21cm DSC08846

古希を機に、所属していた2つのバンドを引退、
同時にライブからも遠ざかり、もっぱら昼間のセッション通いでしたが、
11月、赤坂で高校時代の仲間と3年ぶりの自主企画ライブ。 久しぶりでしたが楽しかった。

20171223 Xmas live BPS 21cm DSC00533

もうひとつは、引退したBeatpapasの後継ドラマーが体調を崩し入院、
当日はムリというので、急きょトラで叩いたB♭のクリスマスライブ。
20年以上在籍していたグループなので懐かしいやら…
たった1回のスタジオ合わせで本番でしたが、楽しく演奏できました。


【4】念願のアンテロープキャニオン

20171015 AC 21cm DSC01098 

20171017 Seligman 18㎝ DSC07124

予定していたアマゾンクルーズとエンジェルフォールの旅が
ヴェネズエラの政情不安で中止となり、メシがまずいので敬遠していたUSAへ。
前から行きたかったアンテロープキャニオンはさすがの迫力でした。
途中のルート66沿のSerigmanで、いつものおバカスナップ。

【5】親しい人たちの逝去

新たに誕生する孫もいますが、
この歳になると周囲の親しい人たちの訃報に接することも増えてきました。

ベストセラーをプロデュースして依頼、
夫婦ともども親しくさせていただいていた元佐賀大学学長 上原春雄先生。

前職場で最初の部下となった木幡聡君。

前職場の同僚で、夫婦で付き合っていた平塚俊博君

残念ですが、ご冥福を祈るのみです。


【次点】創設50周年を迎えた前職場

前職場が創業50年。そのうち33年在籍。
トップも若手に代わって、新たな発展を目指す新体制に感慨深いものがありました。


【次点】13年ぶりのフォーの食い損ない

12月中旬に13年前に食ったフォーが忘れられず、ヴェトナム、ハノイへ。
店の前で撮った下の写真を手掛かりに店を探して…

20171212 2004_12 Viet Nam16㎝ 064

20171212 2004_12 Viet Nam フォー 21㎝ 060

幸い、当時同行したメンバーが通りの名前をメモしていて、店名まで教えてくれて…

20171216 Pho Mai Anh shop 18cm DSC09697

タクシーで駆けつけたら、なんと「臨時休業」!
ソリャないよ!
しょうがなく、夜にやっている人気店で再トライ。

20171216 Pho shop 18cm DSC09982

20171216 Pho Ga 18cm DSC09980

ちょっと、違うなあ…
またハノイに出かけるしかないか…


ということで、いかにもドラムスコな生活の繰り返しの1年でした。
2018年は、どんな楽しいことが待っているのでしょうか?