FC2ブログ

Contents

【シチリア喰い歩きPHOTO紀行6】今回最高の味Vecchio ClubのZuppa di Cozze

パレルモでの自由時間、団体から離れて、さっそく海鮮料理の人気店へ。

2019111702085400e.jpeg

ああ!ついに待望シチリアの絶品料理に出逢いました。
パレルモの地元で超人気のAl Vecchio ClubのZappa di Cozze。
ムール貝をトマトソースで煮込んだ地元料理。

20191117020853a6c.jpeg

山盛りのムール貝を見て、その迫力にまず感動!
口にした途端、あまりの旨さに、さらに感動‼️
トマトソースと相性抜群、はるばるやってきた甲斐があるというもの✈️
満席の店内、ほとんどのテーブルで注文していた人気料理。しかも安い!(たしか約1000円!)

201911170208527ec.jpeg


実はウニのパスタを食いたくて、地元のガイドさんに教えてもらったお店。
当然、ウニのパスタも注文。
ウニソースはちょうどいい塩気、アルデンテの中太メン。
不味いわけがありません!

しかし、ムール貝の美味にびっくりし過ぎて、少々カゲ薄くなっちゃいましたが。

20191117020855881.jpeg

2019111702085747c.jpeg

地元の人気店ですが、初めての人には分かりにくい立地。
探し探して、たどり着くまで1時間近くウロウロ。
有名なマッシモ劇場近くですが、裏通りに入ってさらに横路に入り…
写真の横路、人が立っている前の緑のあるところが入り口。
入り口は狭いですが、店内は4〜50人は入る広さ。
美味くて安い、苦労して行ってよかった‼️

【Al Vecchio Club】アルヴェッキオクラブ
Bicolo Caldomai 18 ,tel 091 2511234

スポンサーサイト



【シチリア喰い歩きPHOTO紀行5】 Villa Kephosのピスタチオクリムパスタ


アグリジェンド観光の前に、Villa Kephosでツアーのランチ。
団体の食事なので期待していなかったら、最初に出てきたパスタが美味しかった。

2019111607375053b.jpeg

ピスタティオクリームのスパゲッティ。
スッキリした塩味にピスタティオの香りがして、思いのほか美味しい。


メインのチキン料理は、塩辛くて殆ど残したが、パスタは完食。
ツアーの食事は、一品でも美味しい料理があればOK。

もっとも団体の食事では、海鮮料理がまだ出てこないなあ。
パレルモまでは岡を走って「山の幸」中心だからしょうがないか。

20191116073744db0.jpeg

と思っていたら、パレルモに移動した夕食は海鮮づくし‼️

201911160737452b6.jpeg

20191116073748a5f.jpeg

ホテルの前のGranatelliでツアーの夕食。カジュアルだがなかなかのお味。
メインはタラのソテー、前菜の海鮮サラダは完食したが、これは殆ど残す羽目に。
デザートはスポンジケーキにアイスクリームコーティング、ちょっとかじって終了。

2019111607374778d.jpeg

その後、ホテルのバーでナイトキャップ。
ツマミがわりのラビオリが本場の味で、夜遅くまで喰いまくるドラムスコでした。





【シチリア喰い歩きPHOTO紀行4】アーティチョークと珍味サボテンの実

アグリジェンド近くのピアッツアアルメリーナにあるGigliottoの夕食で
ツアーの食事では珍しい、アーティチョークとサボテンの実が出た。

20191115054301b6b.jpeg

アーティチョーク(写真右上)は、いつ食べたか忘れるほど久しぶりだったが、
味付がとてもよくて完食。
一緒に盛られたカポナータというナスと野菜の煮込みはちょっと手をつけただけ。
最小パスタのクスクスも、オカラ味でパス。

201911150543020be.jpeg

デザートに出てきたのは、サボテンの実。
 
201911150543030b8.jpeg

かつてモロッコで初めて食べたが、まさか締めで出てくるとは。
何度も食べたいとは思わないが、甘くて爽やかな味。

201911150542573d4.jpeg

ウチワサボテンの実で、こんなふうに実がなっている。
これが食卓に出てくると、異国気分をいやが上にも演出してくれます。

【シチリア喰い歩きPHOTO紀行3】こんな美味いミネストローネは初めて‼️

201911150230293a7.jpeg

2日目のランチで信じられないほど美味しいミネストローネと出会った‼️
世界遺産Villa Romana del Casale に向かう途中でアグリツリズモでランチ。

ここで出たミネストローネの美味いこと‼️

201911150230275af.jpeg

トマトソースのものしか知らなかったが、
ミネストローネは野菜スープのことだそうで、ここのは赤いスープじゃない。
野菜だけで出た深い旨味に感動しましたねえ‼️
これにチーズをタップリかけると、さらに深みを増して…
思わずお代わりしちゃいました。

20191115023030ef3.jpeg

メインの3種の肉グリルは、ソーセージが出色。
とにかく量が多い。

201911150230304a3.jpeg

デザートはシチリア名物、カンノーロ。
チーズたっぷりのクリームが印象的な味、
ただ、スープ2杯飲んで、肉をつまんで…全部食べきれず。

絶品のミネストローネだけで大満足のドラムスコでした。

明日からシチリア島食い歩きへ

201911 アグリジェンド 21㎝ 
(アグリジェンド シチリア島)

明朝から、「シチリア島食い歩き旅」に出かけます。

実は10月中旬にクロアチアのツアーに参加する予定でしたが、
申し込むと、ウエイティングの一番ということで、たぶん大丈夫だろうと思ってたら…
一週間前になってもキャンセルが出ずに、やむなく断念。

目的地を切り替え、シチリアへ。
今年6月にチュニジアを訪れた時、海の向こうにシチリア島がうっすらと見え、
「それじゃあシチリアに行ってみるか」ということになりまして…

201911 タオルミー ナシチリア 21cm
(タオルミーナ シチリア)

シチリアは夏のほうが?と思ったのですが、
ギリシア、ローマ時代の世界遺産巡りも魅力ですが、
秋からのシーフードイタリアン食い歩きも魅力。

201911シチリア ウニ 21cm

自由行動の多いツアーを選んで、現地の美味いものを食い歩く予定です。
すでに日本から★つきレストランも予約済み。いまから楽しみです。



【海外ガラクタコレクション10】 アマゾンのナマケモノ

20191001 ブラジル アマゾンなまけもの木彫り 2018 19cm  _DSC4615

2018年 南米アマゾン川の土産店で購入。
なんとも長閑な雰囲気で、粗い細工の高さ30cm木彫りのナマケモノ。
いってみれば、北海道の「木彫りの熊」のようなアマゾン定番の土産品。

ところが、

いまトイレの壁にかかっているのですが、
ドアを開け閉めするたびに、ちょっとユレユレ。
この何とも言えない素朴さに味があります。
用を足しながら、思わずニンマリしちゃう「癒しパワー」

「そういやアマゾン河でピラニア釣って、フライにして食ったっけなあ…」
見るたびに楽しい想い出が蘇ってきます。

昨夜の直撃台風で被災された方々でも、これ見ていやされるかなあ?
自分なら、「ハハハ」と力なく笑うのかもしれません?




【チェジュド食歩き紀行 番外編】 好き放題食い放題に2つのお仕置き!

好き放題・食い放題だった今回のチェジュド食歩き、
最後の日に、なんと2つのお仕置きが!


20190806 ティーウエイ航空 21㎝ DSC_6288

成田~チェジュド直行便をもつティーウエイ航空、
14時25分発ということで、空港で昼食とることにして朝は控えめに昼前に空港到着。
チェックインすると、「1時間遅れ」だそう。

ま、よくある話で、「むしろユックリ昼食食えるぞ!」
さっさと出国手続きして、搭乗ロビーに行くと…

20190806 空港搭乗ロビー 21㎝ _DSC2439

広いフロアに免税店や土産物店はあるものの、
どこの空港にもあるカフェやレストランが見当たりません!

係員に尋ねると、
「このフロアに飲食店はありません!」
えっえ~~! ご冗談を。 出発までまだ2時間以上あります。

じゃあ、いったん再入国して、食事後に再出国しようとしたら、
出国手続きがすべて自動化されていて、係員が一人もおらず戻れません。
搭乗口にも、早すぎて誰もいません。
これが最初のお仕置き。

腹減った~~

見かけは親切そうなスタッフつかまえて、何とか出発ロビーに戻れないか聴くと、
「それはムリだから、あそこの土産店でお菓子を買えば」

そうか、帰国便に乗れば機内食があるから、それもありか‥

20190806 空港土産店 21cm _DSC2442

20190806 済州空港 ドリンク販売 21㎝_DSC2443

どこの空港にでもある飲料水の自販機すらない搭乗ロビー。
しぶしぶ、土産品コーナーで、クッキーと缶コーヒーを購入。

20190806 ジェジュ クッキー 18㎝ _DSC2431

いつもなら絶対に買わない土産用クッキー詰め合わせ。 1000円。

20190806 缶コーヒー 21㎝ _DSC2435

缶コーヒーの砂糖入りは極端に甘いことがあるので、保険にノーシュガーと2本。600円。
まあ、これで何とか空腹とのどの渇きはしのげましたが…

20190806 ティーウエイ航空 機内 21㎝DSC_6286

1時間以上遅れていよいよ搭乗。
LCCの割には、機内はゆったり。さあ、機内食だ! 
ところが!

「機材不良のため別の飛行機に移っていただきます」
結局さらに1時間以上、予定より3時間遅れて離陸。


20190806TW 機内食メニュー 21㎝DSC_6284

まあ、こんなこともあるわ、さあ、機内食、機内食!
ティーウエイ航空の機内食と飲み物は、水以外すべて有料。
どれどれとメニューからチョイスして注文すると、
「すべて売り切れ!」

要は、機材を変えた時に積み忘れたんだよ。きっと。
成田到着まで、2時間、食い残したクッキーを食うしかない!

もう、のどがウエーっ状態。2番目のお仕置きです。

この時、天の声が…
「さんざん好き放題食い放題したんだから、我慢せい!」

おっしゃる通り。
幸い2時間で成田だもの、しょうがない。

結局、3時間遅れで20時近く、成田空港着。
こうなりゃ、乗り継ぎ駅にある「しゃり膳」で美味い握り鮨いっぱい食うぞう!

しかし「何事も三度」というから、もし店やってなかったら空港で食うしかない。
スマホで何時までやっているかチェック。
すると23時半営業終了だって。 空港から1時間以内だから、十分に間に合う。

20190806 しゃり膳 北寄貝 21㎝ _DSC2474

20190806 シャリ膳 ウニ 18cm_DSC2456

ということで、帰国してから1時間後、無事、しゃり膳のカウンター到着。
9時から21時まで、口にしたのはクソ甘いクッキーと缶コーヒーだけ…
アレコレ10数貫食いましたが、とくに旬のウニと北寄貝の美味かったこと!

空港の食事は、済州にせよ成田にせよどのみち美味いものは期待できなかったので、
まったくもって、終わり良ければすべてよし、ですねえ。