Contents

歳をとるとピッタリ!ハーフサイズがいいなあ

古希過ぎて、この頃は、朝にちゃんと食うと、昼は1人前食えません。
そこで、セッション前後で、ちょっと小腹がすいたとき、便利なのが、「ハーフサイズ」。

たとえば、松屋の牛めしミニサイズ。
一時低価格競争に走っていたときは、肉が堅く盛りもスケスケで、
ちょっとなあと足が遠のいていたのですが…

20170320 松屋 プレミア牛めし ミニセット 470円 21㎝ DSC07201

ミニサイズがあって、おしんこ、卵を追加して470円。
このサイズ、年寄りにちょうどいいボリューム!
最近は「プレミアム」牛めしというのだそうで、お肉も柔らかめかな?

もう一つは、これまたどこにでもある「日高屋」で発見。

20170323 日高屋 半ラーメン 21cm DSC_0007

半ラーメン、200円。
「半ラーメンだけでいいですか?」とおそるおそる注文。
いろいろな定食のプラスワンで売り出したようなのですが、
小腹がすいたときの私には、この一杯がぴったり。
ノリは1枚なのに、チャーシュ半分なのが笑えます。

いいもん見っけたなあ。

スポンサーサイト

お得感あり!赤坂離宮のハーフサイズランチ

赤坂離宮でランチ。
ハーフ&ハーフのお手軽コースですが、なかなかの美味でした。

20170215 赤坂離宮 1卵スープ 21㎝13080000

チキンスープ。上品な飽きのこないお味です。

20170215 赤坂離宮 3鶏シューマイ 18㎝13090001

シューマイも鶏肉。これもいいお味で普通にうまい。

20170215 赤坂離宮 2鶏のから揚げ 21㎝ 13090000

これまた普通のチキンのから揚げ料理。 表面が芳ばしくて中ジューシーとお約束通り。
皮の香辛料とタマネギ醤油ソースが、さすがの味。美味いです。

20170215 赤坂離宮 4季節の野菜焼きそば 21㎝13090004

焼きそば。野菜の素材がよく、ソースが美味いので、これまた普通以上に美味い。

20170215 赤坂離宮 5マンゴープリン 18㎝ 13220000

デザートはマンゴープリン。 いかにもマンゴーをすりつぶした感のフレッシュな味。

すべて普通に美味い料理をハーフサイズで、赤坂離宮流の味付けと炒め加減、
独特の香ばしさで、さらに旨みアップ、ハズレなし。
食材が鶏肉と野菜中心ですが、2160円(税込み)はお得感あり。
古希を過ぎると、こういうのいいですねえ。


フレンチの名店L'Osierでランチ

手がけた本が増刷になり、出版スタッフをご招待してL'osirでランチ会。

20170416135900810 Losir 店内 18㎝


L'osier(ロウジェ)はミシェラン2★のフレンチで、
エレガントな雰囲気、デザートが豊富で女性に人気が高い。

20170414 Losier 1 18cm DSC_0197

まずはアミュズその1。 説明されたが…それぞれ中身が何だったかは覚えていない。
そこそこ美味いが、私はガスパッチョ系が好み。

20170414 Losier 2 21cm DSC_0198

アミュズその2も、素材が何だったか覚えていないが、美味かった。
いかにもフレンチらしい盛り付けで、次の料理の期待が高まる。

20170414 Losier 3 21cm DSC_0200

前菜は、フランス産アスパラガスとホタテガイの間に黒トリュフを挟んだサラダ葉包蒸し。
太いアスパラの甘さと、磯くささを少し抑えたホタテの上品なやさしい味。


20170414 Losier 4 21cm DSC_0201

魚料理は、スズキのポアレ。火の入れ具合絶妙、紅芯大根との盛り付けがおしゃれ。


20170414 Losier 5 21cm DSC_0204

肉料理は、牛ほほ肉煮込み。 盛り付けは楽しいが、肝心のお肉はちょっと平凡な味。


20170414 Losier 6 18cm DSC_0209

ここの売りのひとつ、デザート3種類。 まずはベリー尽くし。女性には文句なし。
各種のベリーコンポートを巻いている土台も苺のクッキーという凝りよう。

20170414 Losier 7 16cm DSC08269

デザートその2は、柑橘のソルベ。 さっぱりしていておいしい。

20170414 Losier 8 21cm DSC08271

デザートその3は、小菓子。 女性には嬉しいバライティ。

20170414 Losier 9 21cm DSC08280

さらにこれでもかと小菓子のワゴン。 好きなだけ注文できるので皆さん目が輝きます。

20170414 Losier 11 18cm DSC08289

私の選んだコーヒーのお供。左はパッションフルーツのジェリー。
今回のコースの流れは、私にはちょっと?だったが、皆さんに喜んでもらえたのでメデタシめでたし。





グランドハイアットのChina Roomでランチ

きのうはGrand Hyattのチャイナルームで2年ぶりのランチ。

20170407 チャイナルーム 1 前菜 DSC08129

4種の前菜、手前のチャーシューが温かくて美味しい。

20170407 チャイナルーム 2 金華は無のクリアスープ ツバメの巣添え 18㎝㎝ DSC08131

金華ハムのクリアスープ。蓮華にちょこっとだけツバメのスープが乗っかっている。
上品なコクで実に美味い!

20170407 チャイナルーム 3 窯焼き北京ダック 18㎝ DSC08136


北京ダック。私は苦手。

20170407 チャイナルーム 4 海老と茸の中国オリーブ炒め 21㎝DSC_0179

海老といろいろな茸の中国オリーブ炒め。 こ、これも美味い!
なんとも言えないいい香りと風味、食材のさまざまな歯ごたえ、まさにプロの一皿。

20170407 チャイナルーム 5 サーロインしゃぶしゃぶ肉の陶板焼き 21㎝「

薄切り和牛サーロインの陶板焼き。 見た目は豪華だが、黒酢ちょっと甘めかな?

20170407 チャイナルーム 6 タラバガニと上海蟹卵入り炒飯 21㎝DSC08141

タラバガニと上海蟹卵入りのチャーハン。 これまた炒め具合、風味、申し分なし。
かつて台湾の高雄で食ったチャーハンに継ぐうまさ。

20170407 チャイナルーム 7 杏仁豆腐 18㎝DSC_0184

デザートは杏仁豆腐。美味いがびっくりするほどではない。

20170407 チャイナルーム 8 マンゴープリン 18㎝DSC_0185

ここの名物といえば、香港グランドハイアットのOne Harber Roadで出すマンゴープリン。
ということで、別注で。やっぱり超美味い。

皿によって?な味もあったが、いかにもプロの料理、店内の雰囲気、サービスといい
先日のマサズキッチンがミシェラン★だが、こちらが★でもおかしくないと思いましたね。


老舗の味 関宿屋の天丼

20170303 関宿屋 天丼 21㎝13430001

たまたま所用で出かけた千葉県松戸で見つけた、明治時代からの老舗「関宿屋」。
もともとは蕎麦屋だったが、天婦羅も有名だそうで。

店内は老舗の趣だが、天丼もなかなか。
アナゴが自慢のようで、小ぶりのアナゴがいい味でした。




アロマフレスカで美味しいランチ

20170310 Aromafresca 店舗 12㎝DSC06834

イタリアンではいちばんお気に入りのAROMAFRESCAでランチ。
春らしい花が飾られ、どの料理も美味しくて、大満足でした。

20170310 Aromafresca 1antipasti 1 車エビフライ 蕗の薹21㎝ DSC06837

まずは前菜1。 このお店定番の車エビのフライ。細かく炒めた蕗の薹を添えて春の皿に。
頭も尻尾もサクサク、もちろん身はジューシー。やっぱり美味いなあ。


20170310 Aromafresca 1antipasti2 鰻とキャビア 18㎝DSC06846

前菜2、鰻とキャビア。これはまあまあかな。


20170310 Aromafresca 1antipasti3 フルーツトマトとブラータチーズ 18㎝ DSC06836

前菜3はフルーツトマトのゼリー。プラッターチーズと相性抜群。これも美味い。
御覧のように、トマトを連想させる赤ではなく碧みがかった白に、シェフの遊び心が…


20170310 Aromafresca 2 子持ちヤリイカ田芹とのびる添え 21㎝DSC06848

子持ちヤリイカのインパデッラ(フライパンでソテー)。田芹と野蒜添え。
焼き加減が絶妙で、ほのかな焦がし風味とイカの甘さ、ビックリするほど美味い!
盛り付けの楽しさといい、口にした時の新鮮な驚きといい、きょうイチかな?


20170310 Aromafresca 3 初筍温スープ 18㎝DSC06852

筍の温スープ。 ホッコリした歯触りと初筍特有の香り。
春ですねえ。 これも美味い!


20170310 Aromafresca 4 4種のチーズとフレッシュトマトのパスタ 21㎝DSC06855

パスタは、まるでうどんのようなPiciという麺をフレッシュトマトと4種のチーズで。
モッちりした麺は初体験、美味しいがトマトの甘さに好き好きあるかも。


20170310 Aromafresca 5 パッションフルーツのシャーベット 18㎝DSC06857

口直しのパッションフルーツのシャーベット。
甘酸っぱいシャーベットは、まさに口直しにピッタリ。


20170310 Aromafresca 6 山形産牛ステーキ 21㎝DSC06862

メインは山形牛のステーキ。風味十分、美味しい肉、焼き具合も最高です。
メインは、魚介のココットや豚、羊など4種類からチョイスできるが、牛ステーキが一番だな。


20170310 Aromafresca 7 綿あめ 苺 アイス 21㎝DSC06866

デザートも4種類からのチョイス。 私は苺とアイス。綿あめが上に乗っかった楽しい盛り付け。
苺とアイスとソースのバランスが絶妙で、口の中に苺の香りがいつまでも残るおいしさ。


20170310 Aromafresca 8 小菓子 18㎝DSC06872

20170310 Aromafresca 10 パン 18㎝ DSC06839


コーヒーのお供の小菓子。ここまでくると、しょっちゅう補充してくれるパンも美味しいので腹一杯。
パスタ料理がなければフレンチか?というメニュー。
ミシェランでは★1つですが、私は★2つが妥当じゃないかと、食べるたびに思います。
いつもハズレがないので、次回を楽しみにしているレストランのひとつ。


気になっていたヌーベルシノアMASA'S KITCHENに行ってみました

ミシェラン⭐を8年連続でとっている人気店だそうで、
前から気になっていたヌーベルシノア(創作中華)のMasas Kichenでランチ。


20170210 Masas 1 前菜6種 21㎝ DSC04913

まずは前菜6種。
カブの冷製スープは、まるでフレンチやイタリアンのガスパチョ。まあまあ美味い。
中央のピータン豆腐、風味が抜群、これが一番口に合った。
左下のマコモダケも歯触りよく美味。


20170210 MasasKichen 2 海鮮揚げもの 21㎝ DSC04916

海鮮揚げもの。 細い衣のサクサク感、中の海老のシコシコ感、これも美味い!

20170210 MasasKichen 2 海鮮揚げもの 18㎝DSC04918

けっこうなヴォリュームで食べ応えあり。


20170210 MasasKichen 3 レタス湯通しオイスターソース 21㎝DSC04923

レタスの湯通し、オイスターソース。これまたシンプルながら、美味い。

20170210 MasasKichen 4 小籠包 18㎝DSC04924

小籠包。ベタベタしてちょっと蒸し過ぎか?

20170210 MasasKichen 5 本日のスープ 豚肉のミルフィーユ仕立て 19㎝ DSC04929

本日のスープは、豚肉と白菜のミルフィーユ仕立て。いい感じのスープ。

20170210 MasasKichen 6 カキと白子 21㎝DSC04933

牡蠣と白子の焼きもの。 ちょっと焦げ目がつく程度に炙って、これまた絶妙な味。
今回一番の料理かな?さすがミシェラン⭐一つの味と納得。

20170210 MasasKichen 7 豚肉から揚げ 甘酢あんかけ 15㎝DSC04938

豚肉のから揚げ甘酢あんかけ。 豚の臭みが抜けていないし、普通だな。がっかり。

20170210 MasasKichen 8 汁なし担々麺 21㎝ DSC04943

期待外れだったのは、ここの名物、汁なし担々麺。
きらいなパクチーがドッサリ、味は酸味がたってアメリカンな浅さ。う~ん、

20170210 MasasKichen 9 デザート 21㎝DSC04950

デザートは5~6種類からのチョイスだが、同時に3種も頼める。手前の何とかというジェラードが一番、
イチゴのアイスもナマっぽくて美味しい。右のジャスミンアイスは石鹸のようでパス。

20170210 MasasKichen 茶 12㎝ DSC04901


20170210 MasasKichen  茶 18㎝DSC04898

別注のお茶。頂頭烏龍茶を頼んだら、こんな容器に。

20170210 MasasKichen  茶3 18㎝ DSC04906

グラスが2重になっていて、お茶っ葉のグラスを引き揚げ蓋に乗せて、いただく。
茶葉が多いので2~3回お湯を足してくれて、タップリ飲めるのがうれしい。


20170210 MasasKichen 店内 12㎝ DSC04895

お店は恵比寿駅東口交差点近く、地下1階。中華料理店というよりフレンチやイタリアンの佇まい。
次々にお客がやってきて、お客が途切れたと思ったら、入り口に「本日は品切れ」の看板が出ていた。

メインの担々麺が好みだったら、絶対にリピートするんだがなあ。
どのセットメニューにもこのイマイチ担々麺が入っているのは、う~~ん。
オーダーを二回も間違えるのも、いただけません。

もっともミシェランの評価は、⭐二つ以上ならどこも納得の味ですが、
⭐一つの店の場合は、四軒に一軒は?がつく。
舌の好みが微妙に違うし、
なによりも、ドラは食いしん坊だが、悪食でグルメじゃないしね。