Contents

Jazz38の新メニュー「海鮮ジュノベーゼ」が美味しい

20171105 海鮮ジュノベーゼ 21cm DSC07985


セッションで通っているJazz38はイタリアンレストラン。
ここのピザとカルボナーラが好きでよく食べるのですが、毎回となると…

すると新メニュー登場。
早井マスター渾身の「海鮮ジュノベーゼ」。
ジュノベーゼに、イカ、ホタテ、アサリ、牡蠣、タコ、蟹などがいっぱい。
バジルの香りが海鮮とバッチリ合って! 美味しいです。 1450円。



スポンサーサイト

アロマフレスカの贅沢ランチ

USAの旅で、現地高級イタリアンの店の味があまりにも不味かったので、
東京のイタリアンAromafresca(アロマフレスカ)で口直しのランチ。
期待を裏切らず、最高の美味でした。

20171027 aroma 1 olive 16cm DSC07531

まずはオリーブ。香り、漬かり具合いいねえ。

20171027 aroma 2 エビフライ 18cm DSC07532

アミュズその1。最近定番の車海老フライ。エビ出汁の泡ソース。
サクっと揚がって、ほのかな甘み。毎回ながら、実に美味いですねえ。

20171027 aroma 2 フォアグラムース 18㎝DSC07538

アミュズその2。フォアグラのムースにイチジクとポップコーンのせ。
新たなメニューだが、まあまあ。

20171027 aroma 4 鰻とキャビア 16cm DSC07536

アミュズその3。これも定番の鰻とキャビア、ジャガイモのフィルム。
毎回でるけれど、そんなには‥

20171027 aroma 5 サバのサラダ 21㎝ DSC07547

前菜はサバのカルパッチョ。 いつもながらカラフルな盛り付けで見るだけでもおいしそう。
ちょっと締めたサバがタップリ、これも実に美味い。

20171027 aroma 6 甘エビとカラスミのパスタ 18㎝ DSC07549

イタリアンだけに、まずは小さな皿の甘エビとカラスミ冷製パスタ。
美味しい! 倍の量がほしいところ。

20171027 aroma 7 秋トリュフのパスタ 21㎝ DSC07562

メインのパスタは、トリュフと茸のラグーのスパゲッティ。
トリュフの量にビックリ。これだけかかっているとトリュフの香りがすごい!
これまでこのお店で出たパスタの中でも、一番印象的、もちろん超美味い!

20171027 aroma 8 口休め 16㎝ DSC07570

口休めにレモンシャーベット。 ああ、すっきり。

20171027 aroma 9 steak 21cm DSC07572

和牛ステーキ、アロマフレスカスタイル。
ただ柔らかいだけでなく、肉の風味がしっかりした赤身ステーキ。
焼き具合が最適で、脂のしつこさもなく、牛ステーキでは都内で一番好きかも。

20171027 aroma 10 マンゴとグレプフルーツ 21㎝DSC07578

デザートは、マンゴー、パッションフルーツ、グレープフルーツのコンポーネント。
普通にうまい。

20171027 aroma 11 小菓子 18㎝ DSC07582

コーヒーのお供の小菓子。 

今回のメニューは、なんと言ってもトリュフのパスタが最高。
前菜のカルパッチョも、メインのステーキもデザートも外れなし。
どの料理も繊細で奥深い味。原田慎次シェフの腕さえわたってました。


 

【USAウエスタンPHOTO紀行 番外編】 アメリカ西部美味いものベスト5

食い歩きが趣味のドラムスコ、
海外旅行から帰ると、旅行中に食べた料理の中からアレコレ思い返して、
美味かったものベスト5を選ぶのも楽しみなんですが…

USAの食事は、どうにも大味で、イギリス、北欧と並ぶ悪食3国(あくまでも個人的見解)
と悪態をついているのですが、
さて今回の旅で、美味かったものを思い返すと…やっぱり少ないなあ。
それでも敢えてBEST5を選んでみると…

【第1位】 残念ながら該当なし


【第2位】 Joe'sのStone Crab Las Vegas

20171016 Stone Crab 21cm DSC_0578

ラスベガスの人気海鮮料理店Joe's、名物料理が特大のストーンクラブ。
なるほどデカイ。石のような堅い殻はすでに砕かれていて、爪の先っぽまで食べられる。
一皿5本だが、そのまま何もつけず、またレモンふりかけたり、辛子マヨネーズをつけて、
あっという間に一人で食っちゃった。 旨い!

もっとも産地はフロリダだから冷凍もの、
本来の身の弾力と風味に少し欠けるので1位じゃなく2位。

20171016 Joes 18cm DSC07017

予約がとりずらい店だが、予約なしで一人でいったら、
すぐカウンター席に案内された。 ラッキー。
シーザーズパレスホテルに隣接する有名なショッピングモールにある高級店。


【第3位】 CANTINAのBeef Steak Page

20171015 Cantina Beef Steek 21cm DSC06307

アンテロープキャニオン観光の起点ペイジにあるダンスもできるアメリカンなレストラン。
味は期待していなかったら、ステーキが実に美味かった。
赤肉でミディアムレアの焼き具合もよく、肉の風味もシッカリ、
柔らかいが適度な噛み応えもあって、久しぶりに肉を食った気分に。

私は和牛のA5ランク、脂を食うようなべっとり肉が苦手。ビーフはこれですよ。

20171015 Cantina 21cm DSC06303

田舎町のいかにもアメリカンなレストラン。 内装はB級だが、肉の味はA級でした。


【第4位】Road RunnerのRoad Runner Panini Seligman 

20171017 Panini 21㎝ DSC07114

いかにもアメリカ的、紙の皿に粗雑に盛りつけ。 しかし、美味い!
ミディアムレアのうすい赤身ビーフが何枚も入っていて、食べ応えも十分。
道中、冷めたようなクソまずいハンバーガーを喰わされたが、
パニーニのパンもコンガリ焼きたてで完食。

20171017 Roadrunner 18㎝DSC07122

ルート66沿いにある小さな町Seligmanにある土産店兼レストラン(食堂)
店員も気さくそのものので、古き良き時代の雰囲気を残す、いい感じのお店。


【第5位】 Holidayinnの朝食ワッフル Pheanix

201714 ワッフル 21㎝ DSC06207

ワッフルなんてほとんど食ったことがなかったが、
フェニックスのホテルの朝食ビュッフェで用意されていたワッフル。
自分で、ワッフルを造って食べるのだが、焼き立てはさすがに美味い!

20171012 waffuru DSC06205

鯛焼きのように、型を開いて材料を流し込み、閉じてブザーが鳴るまで2~3分待つ。
だから焼き立てをどうぞというわけ。要領がわからないので、出来上がったワッフルにちょっと隙間。
これもご愛嬌。旅の想い出に残る。


【次点】 各地のコーヒー

20171018 Cofee 17㎝ DSC07111

20171017 コーヒー 16cm DSC07094

いわゆるアメリカンコーヒー。 日本で毎朝スターバックスを飲んでいることもあり、
どこで飲んでも違和感なし。 今年の6月インド旅行の折はどこもまずかったのに比べ、
食事の度にホッとできたのはしあわせでした。


【次点】 各地のスイカ

20171013 すいか 21㎝DSC07030

20171014 すいか 21cmDSC06204

20171018 すいか 21㎝ DSC06871

スイカ好きの私にとって、日本はシーズンが終わったが、
どこでもサクサク甘いスイカにありつけました。
斬り方が雑で大きいのも、かえって嬉しい。
口に合うコーヒーと大ぶりの新鮮なスイカがどこにでもあるので、
ほかの料理のまずさをしっかりカバー!

ところで今回は、ラスベガスのFour Seasons Hotelの高級イタリアンVelandaや
パウエル湖の高級レストランRainbow Roomの料理も食いましたが、
ここには一切出てきません。 理由は単に不味かったから。

ということで、わかったこと。

1 料理人が調理するものは、高級店であろうとクドくて大味でまずい!
2 調理せず、ナマか焼くか蒸すだけの料理は、街の食堂でも美味い!


10数年ぶりのアメリカ旅行で改めて学習できたことを、いつまで覚えていられるのかなあ?








リベンジ!さんま

今年はうまい秋刀魚にありついていなかったのですが、
思わぬところでリヴェンジできました!

20171008 シャリ膳 秋刀魚 21㎝ DSC06051

USAからの帰国した日、自宅まで電車で帰る途中駅で、
通常は美味い中華料理屋に立ち寄るのですが、今回は気分を変えて、お寿司屋さんへ。

カウンターのケースの中の秋刀魚が美味そうだったので、握ってもらったら、
美味い!
鮮度抜群、脂が乗って舌に旨みがからみつく‥ ああ、幸せ。


20171008 sharizenn ほっき 19㎝ DSC06053

20171008 しゃり膳 ボタンエビ 19㎝ DSC06046

北海道の新鮮ネタ中心に、いろいろ握ってもらいましたが、やっぱり日本はいいなあ! 
超大味なUSAから帰ったばかりだけに、
日本は美食大国だと、つくづく実感します。



リッツカールトン45階からの絶景を眺めながら「アジュール45」でランチ

20170924 Azure45  tennnai


次男夫婦に待望の赤ちゃんが宿って、生まれたらしばらくは行けないからと、
息子のお嫁さんの誕生祝を、リッツカールトン45階のAzure45で。

20170924 Azure45 1 アミュズ 21㎝ DSC05607

アミュズのひとつ、米粉煎餅にくるまれたフォアグラクリームと鰻がとてもいい味。

20170924 Azure45 2 太刀魚のコンフィ 21㎝DSC05623

前菜は太刀魚のコンフィ。 きれいな盛り付け。

20170924 Azure45 3 茸のラビオリ 紅葉のスープ 21㎝DSC05628

茸のラビオリ。 食用紅葉のスープが季節感を。

20170924 Azure45 4 タラのソテー 黒ニンニク 21㎝DSC05634

タラのソテー。 プックリした焼き具合が抜群で、ソースも素晴らしく印象に残る美味。 
マッシュポテトと黒ニンニクのソースの相性もいい。

20170924 Azure45 5 蝦夷鹿ロースト 21㎝ DSC05639

メインはエゾ鹿のロースト。 これまた抜群の火入れ、クセがなく濃厚な赤肉。
付け合わせの乾燥トマトとビーツの相性もいい。

20170924 Azure45 6 口直し 18㎝ DSC05644

お口直し。 マスカットゼリーとマスカットにかけられたレモングラスのムースの口当たりのいいこと。

20170924 Azure45 7 デザート 18㎝DSC05660

デザートは4つからのチョイスで、アーモンドアイスとサフランムースのスタイリッシュな盛り付け、味も上々。

20170924 Azure45 8 アミュズ 18cm DSC05662

自家製のパンがとても美味かったのでお替わりして、おなかパンパン。
コーヒーのお供のアミュズはもったいないので無理していただく始末。
さすがミシェラン★の、満足ランチでした。


まだまだ細い初サンマ塩焼き

20170920 初さんま 21㎝ DSC05762

プックリした秋刀魚がなかなか入手できず、
鮮度だけは抜群だったので、
待ちきれないので、とりあえず食ってみました。

ほのかな甘み、美味いけど、脂のノリ、プックリ具合はイマイチ。
今年は不漁らしいから、美味い秋刀魚の塩焼きに出会えるのかなあ?

Quattro Stagioneの秋メニュー

自宅近所のイタリアンの名店「Quattro Stagione(四季)」で夕食。
早くも秋限定のメニューが登場、楽しめました。

20170918 Quattro Stagione 1 生ハムサラダ 21cm DSC05253

いつもの、パルマの生ハムサラダ。

20170918 Quattro Stagione 2 女川 生ガキ21㎝DSC05260

女川産の生ガキ。磯の香り、いよいよ秋ですねえ。

20170918 Quattro Stagione 3 新秋刀魚の和風パスタ 21㎝ DSC05258

北海道でとれた新秋刀魚の和風パスタ。注文後に捌いてさっと火を入れるので、風味満点。

20170918 Quattro Stagione 4 生ハム クリームパスタ 21㎝ DSC05269

生ハムと野菜のクリームパスタ。 太麺がシコシコ。

20170918 Quattro Stagione 5季節野菜のパスタ 21cm DSC05265

このお店の定番の季節野菜のトマトソースパスタ。 20種近くの野菜が入っているそうで、美味い!

20170918 Quattro Stagione 6 デザート 18㎝ DSC05273

食後のコーヒーのお供のデザートは、自家製テラミスとバニラアイス。

都心の一流店に負けない美味さ、それでいてお値段格安。
家族経営の暖かいサービス。 いいお店です。