fc2ブログ

Contents

【LaDoll粘土人形】 2024年賀状用の「辰之助」が完成しました

20231119 辰之助 20cm _DSC1401

2024年の年賀状に使うLaDoll粘土人形「辰之助 たつのすけ」が完成。
(高さ220mm 幅80mm 奥行130mm)

みなさんの2024年のご多幸を祈念する宝珠を抱えた
来年の干支「辰」の坊や「辰之助」くん。
まだ角は生えてきたばかりの5歳、ってな設定です。

20231119 Ttunosuke  辰之助 前 16cm_DSC1451

正面像。 白いヒゲの曲がり具合が気にいってます。

20231119 辰之助 後姿 19cm_DSC1441

背中。 ちょっと弯曲しているのが気にいってます。

前作「Pappy Hana」から20か月ぶりの粘土人形造りでしたが、
指の微妙な力の入れ具合を覚えていて、けっこう楽しい作業でした。

この「辰之助」の写真を使って、来年の年賀状をつくります。
愉しい作業がまだまだ続きます。
スポンサーサイト



歴代の飼い犬がテーブルの上でご挨拶

20220914 ラドール ララ モモ ハナ 19cm  _DSC4608

リビングのガラステーブルは、歴代ワンコの人形置き場に。
嫌が上でも目に入るので何かにつけて、元気だったころの様子を思い出させてくれます。

これまでにLaDoll粘土人形を造ったワンコは、、
 ・LALA(ミニチュアシュナウザー 1998~2011年))
 ・MOMO(フレンチブルドッグ 2012年~2021年))
 ・HANA(ウエストハイランド・ホワイトテリア 2021年~)

LaDoll石塑粘土人形造りを始めて10数年たちますが、
可愛いシュナウザーの子犬は、当時絶好のモデル。 10体以上は造りました。
そしてLALAが卵巣がんになって、亡くなる前に思い出に残しておこうと
初めて等身大人形を造りました。

次に飼ったMOMOは、家に来たばかりの子犬のときをはじめ、計4体制作。
脳腫瘍で昨年亡くなりましたが、等身大のMOMOが玄関ホールで皆さんをお出迎え中。

20160704 momo Fig 13cm DSC01909

昨年7月にやってきたHANAは、まだ子犬の人形だけ。
もうすこし涼しくなったら、等身大のハナも造らなくちゃねえ。  

(ワンコたちの後ろのフラミンゴは4年前のスペイン・バスク地方旅行の際のお土産)

【LaDoll石塑粘土作品集】 生後10か月のパピーハナちゃん像完成

210220312 Puppy Hana 19cm _DSC4561

#117 「Puppy Hana」
久しぶりのLadoll粘土作品は生後10か月くらいのハナちゃんがモデル。

あまり大きな人形は体力もいるので、高さ22cm程度で。
それなリの存在感、躍動感 (巾14㎝奥行21cm)。

20220308 Puppy MOMO 18cm #81 DSC07932

ちなみに前のワンコ フレンチブルドックのモモも、2013年いまから9年前、
パピーのころ(生後60日)の人形を造っています。 ( 制作ナンバー#81)
私の体力、気力十分なのでしょうか、生まれたての無垢な感じが出ているような?

人形造り、ボケ防止とヒマつぶしには、なかなかおもしろい作業です。

1年ぶりのLaDoll粘土人形づくり 「パピー・ハナ」の原型できました

1年ほど中断していた「LaDll粘土の人形づくり」、
「ハナちゃん」という絶好のモデルを得て…

しかもコロナ禍で、セッションにも出かけずに自宅にこもって、
ヒマ時間がタップリできて……

なのに、いざというとなかなか始まらず、ダラダラ時間が過ぎていましたが、
ようやく重い重い腰を上げて、造り出しました。

やり始めたら、速い速い

20220226 LaDoll 117 Puppy Hana Prototype 19cm _DSC3330

まだまだ粗削りの原型ですが、
可愛いハナちゃんの雰囲気は出ているかな?

生来、こういう創作活動が好きなんですねえ。
楽しくてしょうがない!

20220226 hana figier 21㎝ _DSC3314

写真を撮っていたら、ハナが割り込んできて…
並んでポーズするのには、ビックリするやら、ニッコリするやら。
さらに楽しさ倍増です

世の中、コロナ禍だけじゃなくウクライナで物騒なことが始まってますが…
わが家は平和そのもの。 
中国がその気になって台湾にチョッカイ出さなければいいんですがねえ。



【LaDoll粘土作品集116】Momo Over the Rainbow

20210417 #116 MOMO over the RAINBOW 19cm _DSC1803

モモの月命日(24日)が近づいて、
祭壇に飾る粘土人形を、急きょ造りました。

題して、
Momo Over the Rainbow
(虹の彼方のモモ)

「うわあ、空を飛んでるよっ!」
はるか虹の彼方、
風船で空に浮かんで嬉しそうなモモを表現してみました。
安らかにね。

20210417 #116 MOMO over the Rainbow 15cm _DSC1853

人形本体の高さ27cm、風船部分を含めると全体で45cm。
風船の紐は極細の針金、
脚と台の接続部分は太い針金で補強、
風船はクリスマスリース飾りを流用、

元愛犬LALAも元気にしています

先日このブログで、ブリキのフラミンゴの置物が
朝日にあたって陰影がきれいなことを紹介しましたが、

20200820 フラミンゴ幻想 10 _DSC5536


今朝は、フラミンゴの隣に置いてある、元愛犬LALAの自作人形に
朝日があたって、まるで「おはよう」とご挨拶しているかのよう。

20200912 LALA 18cm _DSC6363

乳がんで亡くなって、はや10年たつミニチュアシュナウザ―のLALA.。
癌が発見されて余命3ヶ月と言われて、後々の想い出にしようと、
生前のうちにLaDoll粘土で造った等身大人形。(当時13歳でした。)
首輪は生前に着けていた実物。(ゴヤールのパリ本店で購入した思い出の品。)

気持ちがこもっていたので、イキイキと仕上がりました。
おかげでララは、いまもリビングで生前と同じように溌剌とした姿をみせています。
おもえば、今のモモの10倍頭がよく、主人にはメチャメチャ従順なワンコでした。
ソックリ人形で残しておいてよかったな。

20200912 momo 18CM DSC01270


あっ! いまのモモ、「バカな娘ほどかわいい」といいうでしょう。
モモも、当然、等身大で造って、玄関ホールで観る人を笑わさせてくれています。

モモ用にネットで買ったサングラス。一度つけただけで、その後はモモ像専用に。
首輪は、2歳ころまでつけていたペットショップの普及品。




【LaDoll粘土作品集】 アマビコ金色像の完成

20200820 アマビエ #115 17㎝ DSC5890

LaDoll粘土人形の第115作目。
「アマビエ金色像」ができあがりました。

顔は鳥、体は魚、人間のような長い髪…
コロナ禍で脚光を浴びている疫病退治の妖怪。

20200820 アマビエ金色象 19㎝ DSC5908

まとまった時間がないと手がつかない人形造り、
しかも着色を何回もやり直したので、思いのほか時間がかかってしまいました。

当初は、顔は薄緑、くちばしは黄色、鱗は紫やピンクのパールカラー…
カラフルなアマビエ像を想定していたのですが、
いざ塗ってみると、なんとも安っぽい結果に。
それから色をいろいろ塗り替えてはみるも、イマイチ、ニ、サン。

で、最終的に全身ゴールドの「金色像」に。
アクリラ絵具なので何度も塗り替えられるのがミソ!

妖怪のはずが、愛らしい童女のようになってしまったのは、
どうしても孫の顔が思い浮かぶからでしょうか?

リビングに飾って、コロナウイルスに退散してもらってます。
ばっちり効果がありそう!