Contents

レトロな目黒雅叙園・平安の間

先日、出版の打ち合わせで著者と利用した、目黒雅叙園ホテルの1室。
平安の間の四方の壁に、エレガントな平安貴族の女性の絵がずらり。

20150313 雅叙園 平安の間 浅見松江筆 21㎝ 14240000

20150313 雅叙園 平安の間 21㎝14250000

20150313 雅叙園 平安の間 21㎝14250001

いづれも浅見松江の筆。
上村松園に師事した日本画家だそうで、いい雰囲気です。

20150313 雅叙園 平安の間 浅見松江筆 20㎝12440000

20150313 雅叙園 平安の間 21㎝12440001

20150313 雅叙園 平安の間 20cm12450000

優雅な絵に囲まれて、打ち合わせもスムーズに進むかとおもいきや、
当方の思惑とそぐわなくて、結論は先に延期。
現実の世界では、何事もスパッとはいきませんねえ。
スポンサーサイト

最後の銀座行商おばあちゃん

NHKの「小さな旅」でとりあげていた石山文子さん。84歳。

20140126 石山文子 17cm DSC03947

midokoro_ph3.jpg

遠く茨城から地元の野菜やお餅を担いで、銀座で行商するおばあちゃん。
現在では石山さんただ一人になったそうな。

かつて私がまだ若かりし頃は、
大きな荷物を担いで事務所にまで行商に来ていた元気なおばさんたちが大勢いたなあ。
「おにいさん、ピーナッツ買ってけれや!安くするから」
(おいおい、ここは事務所だよ。誰だ通したのは?)と思いつつも、
人懐こいおばさんの売り込みに、「じゃあアレとコレ頂戴」なんて買ったっけ。
いつしか見なくなったなあ、と思っていたが。

石山さんは20代から始めて61年だという。
東銀座の地下鉄の駅前を中心に、品物を並べ、一日30人くらいの固定客に売るという。

ビル工事中の現場の柵をかこう際、
現場監督がおばあちゃんの売り場スペースだけ引っ込ませてくれたんだとか。
いまどき、いい話だねえ。

20140126 石山文子 17cmDSC03952

スーパー、コンビニの台頭で、街中の八百屋さんも減り、まして行商のおばさん部隊はいまはむかし。
東京のど真ん中で、いまも現役の石山さんを観るだけでなんだか温かくなりますねえ。

20140126 最後の行商 17cm DSC03962

この姿、84歳ですよ!
ああ、腰が痛いなんていってられねえな。

再放送があるようです。
1/30(木)11:05
2/1 (土)05:15


雅叙園の日本調トイレ

取材のため久しぶりに目黒雅叙園へ。
いつも思うのは、エントランスの独特のたたずまい。
お城に入るようないかにも和風の入口は、すっかり秋ムードに。

20130905 雅叙園 フロント 20cm 16590000


そうそう1Fの和風トイレも独特。

20130905 雅叙園 トイレ 16cm17510000

中に橋が架けられていて渡る。外人観光客が喜びそうだなあ。

国歌君が代に出てくる「さざれ石」はコレだ!

取材で明治記念館へ行ったのですが、
広大なお庭の一角に、「さざれ石」があることを初めて知りました。

国家「君が代」で出てくる「千代に八千代に さざれ石の 巌となりて…」
あのさざれ石。

20130709明治記念館 さざれ石 12cm12510000

へえ、天然記念物の石なんだ。


20130709明治記念館 18㎝ 14450000

明治記念館は、結婚式やセミナーなどで何度か訪れていますが、
あの広大な庭に、ビアガーデンができていて…
 
20130709明治記念館 20㎝ 18530001

夕方から多くの人がやってきてました。
私も取材が終わってデッキでビールを飲んだのですが、気持ちの良いこと!
バイオリンの演奏、日舞やジャズダンスもあって、夕涼みの意外な穴場かもしれません。

代々木八幡商店街イベント

きのうバンド練習のためスタジオに向かう途中、
代々木公園駅から路上に出ると、子供たちの歓声が…

20130707 代々木八幡13540003

代々木八幡商店街の七夕の催しか?
路上いっぱいに、触れる小動物があちことに。

20130707代々木八幡13520000
ひよこ。昔の縁日のひよこ売りとは様変わり…

20130707代々木八幡13530001
お決まりのヤギさん。

20130707代々木八幡13540000

エサカップは無料。

20130707代々木八幡13530000

ハムスターもおとなしく抱かれてます。

20130707代々木八幡13550000

ポニーの乗馬コーナーも人気。

都心のど真ん中に、こんなに小さな子供たちがいたんだねえ。
やってきた親も子もみんな楽しそう。
こういうイベント、いいなあ。

清澄亭での楽しい宴

20130510高卒 涼亭 18cmDSC08209

紀伊国屋文左衛門の屋敷跡に岩崎弥太郎が造営した清澄庭園。
その一角に「涼亭」がある。

昨夜は、その涼亭で高卒50周年の宴。
北海道の小樽千秋高校普通科3クラスの卒業生のうち、
関東在住者を中心に、ジジババが関西、名古屋からも駆けつけて楽しい時間になりました。

20130510高卒 18cm DSC08219
20130510高卒 18cmDSC08234

50年前の思い出話に、一同くったくなく喜び、冷やかし…
終盤は、プロオペラ歌手の歌や詩吟もあったり、まさにこころ和む集まりでした。

20130510高卒 オペラ 18cmDSC08274

みんなで記念撮影。
もっとも呑みすぎてひっくり返っていた某君は、映ってませんが,
遠く北海道で生まれ育って、共に青春を過ごした仲間が、東京でこれだけ集まるとは…
世話役のNさん、本当にありがとう。

20130510 高卒50周年 全員20cm

長く生きていると、楽しいことも増えるものですねえ。

昭和レトロ 秋葉原のミルクスタンド

20121214  昭和の香り 秋葉原 18cm DSC08047

秋葉原駅の総武線ホーム上にあるミルクスタンド、むかしから同じ場所でがんばってます。
ああ、懐かしい!!
このレトロな雰囲気は、まるで年初に訪れた台北のような光景。
思わず携帯のカメラで写しちゃいました。

私が20代の頃、この同じスタンドでよく壜入り牛乳を飲んだものです。
外回りからの帰社途中で一瓶、生きかえった思い出がきのうのことのよう。
いまもあるんですねえ。
当時よりは種類も増えているけど、雰囲気は同じ。

おもえば、神田、新橋のガード下の飲み屋街も、昭和の匂いがプンプン。