Contents

季節限定「甘甘娘」 これメチャ美味いです!

20180618 甘甘娘 18cm DSC00511

季節限定、静岡県森町現地販売のみ、
極甘とうもろこし「甘甘娘 カンカンムスメ」。

私は北海道出身、トウモロコシの本場育ちですが、
実は、それほど好きじゃありませんでした。
食うのが面倒で、歯に挟まるし、それほど美味いとは思わなかったからです。

ところが、ところが、この甘甘娘、
朝5時のもぎたてを、お嫁さんの実家から宅急便で送っていただいたのですが、
せっかくのご厚意を無にしてもと、あまり期待せずにヒトクチ。
するとビックリ!

噛むとサクサク、中ジューシー、
びっくりするような甘さと風味!


えっウソでしょう!1本ぺろりと食っちゃいました。
寒暖差が重要なので作付面積が限られ、東京までは出回っていないようで、
首都圏ではネットでしか購入できません。
現地でも美味しい農園のものは、朝から並ばないと買えないとか。

いいところに親戚ができたものですねえ。





スポンサーサイト

久しぶり、ハレムバンドのスタジオ練習

20180617 ハレムバンド フライヤー 18㎝ SCN_0004

4年前まで所属していた社会人Bigbandハージメハーレムバンド、
7月14日のサマーライブが、なんと20周年ということでOBも数曲参加することに。

20180617ハレム特訓 21㎝DSC_0116

ということで、きのうはバンド特訓に久しぶりに参加。
OBの参加曲は、SpainとFour、Moonlight Serenade.

前2曲は、しかけ、約束事ドッサリ、譜面通りが苦手なドラムスコ、難行でございます。
次の特訓が、大学時代の仲間との能登旅行とぶつかって…
こりゃあ、ゆっくり旅を楽しんでる場合じゃないなあ。 チケット予約変更しなくちゃ。


20180617 せ折りスタジオ4F 18㎝DSC_0113

この日の練習場は、いつものセオリスタジオB1ではなくて、4階の特別スタジオ。
音楽パーティ用なのか、ずいぶんグレードアップ。 スタジオも進化してますねえ。

【海外ガラクタコレクション1】 スペイン バスク地方の鉄板製フラミンゴ

隠居生活はやくも12年、毎年3~4回は気ままに海外に出かけていますが、
行くたびに、くだらない民芸品を買ってきて、家族から心底あきれられてます。

そのために、たいして広くもない家中が海外のガラクタで溢れかえって…
家人からは「もう、いい加減にしてちょうだイ!」と怒られるのですが、
私としては、旅の想い出だから買わずにいられない。 不治の病ですね。

20180611 スペイン土産 16㎝DSC00261

これ は、
今年3月にスペインのバスク地方を食べ歩きした時に購入。
たしかペドロサという中世の面影を残す街の民芸品店で見つけたフラミンゴの置物。
高さ60cm弱の薄いブリキ製で、これならトランクに入ると衝動買い。 値段は忘れました。

またカミさんに怒られると思ってましたが、「アラ、いい色じゃない」と想定外。
おかげで、リビングの真ん中に鎮座しています。



Jazz38の寺下誠・水橋ゴン孝ランチセッション

20180614 Jazz38 21cm DSC00438

きのうも前日に引き続きJazz38の寺下誠、水橋孝 ダブルレジェンドセッション。
この豪華な組み合わせはJazz38ならでは、ということで出かけました。

20180614 Jazz38 Terasita 14cm DSC00391

同じ北海道出身のよしみもあって、気さくにお相手してくれる御大。
かつては、おっかなくて傍に寄ることも憚れたレジェンド的ピアニスト。

20180614 Jazz38 Mizuhasi 14cm DSC00403

まさにレジェンドゴンさん、最近はセッション大好きだそうで、
素人相手に、ド太いベースでバンバン唄ってくれます。

20180614 Jazz38 TP 11cm DSC00422

20180614 Jazz38 vo 11cm DSC00473

この日はいつものメンバーに、国立劇場に出演の和楽の師匠のジャズヴォーカルや
きれいな音色のトランペットなどお初の方も交え、濃~いセッションを楽しみました。

トップおよび参加者の写真はマスター撮影。腕上げてますねえ。


Jazz38の小野孝司・程嶋日奈子ランチセッション

きのうはJazz38の小野孝司ランチセッションへ。
前日もJazz38で小野さんのセッションがあって、
10数名参加で大賑わいだったそうですが、
きのうも小野フアンがやってきて楽しいセッションに。

20180613 Jazz38 ono 14cm DSC00356

2日つづきのランチセッション。 1セット1・5時間バンバン回して、定時終了。
プロですねえ。

20180613 Jazz38 Hina 14cm DSC00354

ベースは程嶋日奈子さん。キュートな演奏姿復活。この日は4本の仕事で大忙し。
プロですねえ。

20180613 Jazz38 Vo 11cm DSC00332

20180613 Jazz38 vo 11cm DSC00367

20180613 Jazz38 P 11cm DSC00342

20180613 Jazz38 vo 11cm DSC00354

参加者はおなじみの顔ぶれ。
ただドラマーが私一人だったので、1セット10数曲叩きっぱ。
さすが、疲れました。 



モモと弟分のポコのお散歩

20180530 momo poco 21cm DSC_0114

モモに弟分ができて、時々散歩に誘います。
生後11か月になったポコちゃん。すでにモモの体重を超えて…

ポコはおねえちゃんを慕って嬉しそうですが、
モモは、なにせ深窓のお嬢様? 
だいぶ慣れたとはいえ、元気なポコに少々おっかなびっくり。

ちょっと、距離を置いてます。

20180530 momopoco ずり脚痕 21㎝ DSC_0119

「おねえちゃん!」
と駆け寄られて、 「いやーん」と逃げるモモ。

ポコちゃんにもっと近づけようとリードを引っ張ると、足踏ん張ってズリズリ!
地面には、ズッたモモの足跡がくっきり!

ああ、このビビリ、情けないですねえ。 

一番好きなイタリアン・アロマフレスカでランチ

20180523 Aromafresca shop 10cm DSC08869

イタリア料理ではいちばんお気に入りのアロマフレスカでランチ。

20180523 Aroma 0 16cm 0DSC08888

まずは定番のオリーブ。

20180523 Aroma 1 fried shrimp 21cm DSC08881

アミュズが3皿。 定番の車エビのフライ。 これがサクサクでほんとうに美味い。
ほかのアミュズなしで、これだけもっと食いたいといつも思う。

20180523 Aroma 2 フォアグラfラン 16㎝ DSC08883

フォアグラのフラン。 ポップコーンをトッピング。 まずまずかな? 写真ピンボケ。

20180523 Aroma 3 鰻とキャビア 16㎝ _0001

これも定番の鰻とキャビア。 薄いポテトのシートが売りらしいが、まあまあ。

20170310 Aromafresca 10 パン 18㎝ DSC06839

ここのパンも美味しい。特にフランスパンは芳ばしくて好み。

20180523 Aroma 4 初ガツオのカルパッチョ 21㎝ DSC08897

前菜は、初ガツオのカルパッチョ。 魚醤のようなソースで味に深み。
いつも感心するのは、味もさることながら、色彩豊かな盛り付け。

20180523 Aroma 5 モサ海老の冷製パスタ 18㎝ DSC08902

鳥取のもさ海老を使った小盛のパスタ。
いつも、この倍の量がほしいと思う美味しさ。

20180523 Aroma 6 そら豆のパスタ ミモレット風味 21㎝ DSC08907

パスタのメインは、ソラマメをすりつぶしてミモレット風味の仕上げ。
さっぱりして初夏の美味。

20180523 Aroma 7 柑橘のシャーベット 16㎝ DSC08924

口直しに、レモンとパッションフルーツのシャーベット。
酸味の中にパッションフルーツが香り、口直しにスッキリ最適な味。

20180523 Aroma 8 和牛ステーキ 21㎝ DSC08908

メインは4種から和牛ステーキをチョイス。風味たっぷりの赤身をドンピシャの火入れで。
ステーキでは、ほかのステーキ専門店よりも、このお店の味わいが一番好き。

20180523 Aroma メロン ドルチェ 18㎝ DSC08918

ドルチェはメロン。 メロンアイスに完熟メロンと果汁たっぷりのソース、上品な香りと甘さ。美味しいです。

20170310 Aromafresca 8 小菓子 18㎝DSC06872

コーヒーのお供の小菓子。これも定番。

いつも思うことは、

・どの料理もハズレがない。
・ヴォリュームがちょうどいい。肉の厚みと大きさも満足。
・上品でゆったりした室内。
・さりげない上質のサービス。
・バカ高くない

また来たいと思う、いいお店です。